【お悩みQA】まんじゅうの生地が柔らかくなり、あんを上手く包めない問題

皆さまからお寄せいただた、和菓子作りのお悩みと回答を公開します

和菓子作りの参考にしていただけると幸いです。


今回のお悩みは、まんじゅうです

Q. レシピ通りに焼きまんじゅうを作るのですが、どうしても生地が柔らかくなり、あんを上手く包むことができません。どうしてでしょうか?

このような経験、皆さまもありませんか?教室でも時折、生地が柔らかくなって包あんに苦戦される方いらっしゃいます。

じつは、焼きまんじゅうだけでなく、蒸しまんじゅうでもよく起こります。なぜ、まんじゅうの生地は柔らかくなるのか?

主な理由は3つあります。

 

まんじゅう生地が柔らかくなる理由と解決法

 

手が温かい

手の温かい方は、ほぼ確実に生地が柔らかくなります。

和菓子作りは手を使うことが多く、手のひらの温度が大きな影響を与えるのです。

手の温かい方は、まんじゅう生地を触る前に、手を冷水で冷やしてみてください

そして、なるべく生地やあんに触れる時間を短くします。

例えば、あんを丸めるのは手早く行う、あるいは生地を手のひらで広げるのではなく、バットの手粉の上で広げるなど。

さらに、あん包みに不慣れだと、どうしても生地に触れる時間が長くなります。

何回か包む練習をすると、慣れてきます。

教室でも最初は上手くいかなかった方も、ご自宅でゴルフボールで練習したところ、2週間でほぼマスターされていました。練習すれば大丈夫です。

 

部屋の湿度が高い

特に梅雨の時期の湿度は、まんじゅうの生地が柔らかくなりがちです。

湿度80%の中で作るのと、25%で作るのでは、生地の状態も全く異なります。

また温度が高いのも生地を柔らかくする理由の一つです。

出来るだけ、湿度の低い場所で作るのが良いです。

梅雨や夏はクーラーをつけ、湿度と温度を下げてから作ってみてください。

 

あんが柔らかい

あんが柔らかいと、まんじゅうは包みづらくなります。

特に冷凍していたあんを解凍すると、どうしても柔らかくなってしまいます。

あんを指で触り、あんが少しでもついてくる場合は柔らかいです。

その場合は、鍋や電子レンジで水分をやや飛ばしてください。

ぜひご参考にしていただけますと幸いです。

まんじゅうのレシピはこちらから

紅白まんじゅう
https://ukishimania.net/recipe-kohakumanju/

黒糖まんじゅう
https://ukishimania.net/kokutomanju-recipe/

栗まんじゅう
https://ukishimania.net/recipe-kurimanju/

カステラまんじゅう
https://ukishimania.net/recipe-castellamanju/

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です