マスターコースについて

マスターコースとは、

和菓子をじっくり学びたい方、和菓子を仕事にしたい方、カフェや甘味処を開業したい方、和菓子教室を始めたい方に向けて、和菓子作りの基本と餡の炊き方を体系的に学ぶコースです。

少人数クラスとマンツーマンクラスをご用意しております。

マスターコースについて

和菓子は日常的に食べられているにも関わらず、学ぶ場は決して多くありません。洋菓子に比べ製菓学校、教室、書籍の数など、圧倒的に少ないのが現状です。

和菓子を専門的に学ぶには「製菓学校へ行く」「和菓子教室へ通う」「独学」「店で修行する」という4つの方法がありますが、いずれも学ぶハードルは高いものばかり。

製菓学校は卒業までに1~3年かかり、学ぶ範囲も広く、甘味処を開業したい方にとっては時間やコストの負担があまりにも大きい…。また和菓子教室は練切を主体としたところも多く、実践的な和菓子を学べる教室はあまり多くありません。さらに独学は時間がかかり、お店への就職は容易ではありません。

だからこそ、実用的で、より基本に特化した和菓子講座が必要なのではないかと考え、マスターコースを作りました。

あんこラボのマスターコースは、なるべく短期間で、基本から徹底的に学べるように、7回コースでカリキュラムを組んでいます。

初めての方でもどうぞご心配なく。和菓子の材料から、道具の種類、道具の使い方など、基本から学ぶことができます。また、開業する方にもすぐに使える知識や技術などもお伝えいたします。

何事も基本を知ることはとても大切。これは私自身がお店で働いた経験から、痛感したことです。

 

マスターコースではどんなことを学ぶの?

餡の炊き方(つぶあん、こしあん、白あん)と、覚えておくべき基本の和菓子4カテゴリーから20種類の和菓子の作り方を学びます。

これらを習得すれば、和菓子の基本はほぼマスター。和菓子の材料(豆、米の粉、膨張剤、凝固剤、砂糖など)や道具についての講義もあります。和菓子教室を開業したい方にも、十分な知識を得ることができます。

なお、練切のレッスンはありません。

講座で作った和菓子は、お持ち帰りいただきます。ご試食はありません。1つの和菓子でお一人様4個程度作ります。

 

マスターコースのカリキュラム(全7回)

1回目:小豆あん(つぶあん/こしあん)

 

【講義】
・小豆の種類
・餡の特徴、種類、豆について
【実習】
・つぶあんの炊き方
・こしあんの炊き方

2回目:基本の和菓子①もち菓子(もち米)

  

【講義】
・米の粉の種類と特徴について
【実習】
・大福作り(白玉粉の使い方の基本①)
・求肥作り(白玉粉の使い方の基本②)
・道明寺桜餅(道明寺粉の使い方の基本)

3回目:基本の和菓子②もち菓子(うるち米)

 

【実習】
・みたらし団子(上新粉の使い方の基本①)
・柏餅(上新粉の使い方の基本②)
・よもぎ餅(上新粉と白玉粉を合わせた使い方)

4回目:白あん(手亡豆)/黄身時雨/水無月(外郎)

 

【講義】
・白あんに使う豆について
・白あんのアレンジ方法について
【実習】
・白こしあんの炊き方(手亡豆)
・黄身時雨(黄身餡の作り方)
・水無月(外郎の作り方)

5回目:基本の和菓子③蒸し菓子

 

 

【講義】
・膨張剤の種類と特徴
【実習】
・薯蕷まんじゅう(山芋で膨らませる饅頭生地の作り方)
・小麦まんじゅう(重曹で膨らませる饅頭生地の作り方)
・蒸し羊羹(あんにつなぎを入れる蒸し羊羹の作り方)
・浮島(メレンゲで膨らませる、浮島生地の作り方)

6回目:基本の和菓子④焼き菓子 

  

【実習】
・桃山(黄身あんの作り方)
・栗まんじゅう(焼き饅頭生地の作り方)
・どらやき(三同割生地の作り方/どらやきの焼き方)
・桜餅(焼き皮の作り方)

回目:基本の和菓子⑤流し菓子、葛・わらび餅 

【実習】
・水羊羹(糸寒天の使い方、羊羹の作り方)
・みぞれ羹(粉寒天の使い方、錦玉羹の作り方)
・葛まんじゅう(本葛粉の使い方)
・わらび餅(本わらび粉の使い方)

【講義】
・凝固剤(寒天、ゼラチン、アガー)について
・葛粉について

 

マスターコース、こんな方におススメです

◎なるべく時間をかけずに和菓子を学びたい方
集中して学ぶことで、より確実に和菓子作りを習得できます。
製菓学校では、幅広く和菓子を学びます。確かに数多くの和菓子を習得できますが、あまりにも範囲が広い。

マスターコースでは、内容をより実践的な和菓子と餡作りに絞り、全7回のコースにしました。広く浅くよりも深く学びたい方におススメです。

◎和菓子作りの基本を習得したい方
和菓子作り初めての方や、練り切りなどの講座を受講したけれど和菓子の材料や基本を知りたい方、餡作りからマスターしたい方におすすめ。基本を学ぶと、和菓子作りも上達し、菓子作りのなぜ?の疑問が明らかになります。菓子作りに基本の習得は欠かせません。

◎和菓子教室を始めたい方、料理教室に和菓子メニューを追加したい方
和菓子への熱意があれば、誰でも教室を始めることはできます。マスターコースでは和菓子教室を始めるのに充分な基本メニューを習得することができます。

◎カフェや甘味処を開業したい方
実用的な和菓子作りを学ぶことができます。開業にあたっては、ご希望があればメニュー作りなどもサポートいたします。

また、お店を開業すると一番の壁は「集客」。過去、メーカーや代理店でマーケティングを担当していました。その経験を活かし、WEB告知・集客方法もサポートいたします。集客・マーケティングについては、個別にご相談をお受けしております。

他の和菓子教室や専門学校で学べるのはあくまでも和菓子作りの技術。和菓子作りとマーケティングの両方を学べる場所はありません。

 

マスターコース受講者の体験記

2018年2月からマスターコースを受講し、7月に和カフェを開業した方の体験記です。

【インタビュー】栃木市「和カフェ・あん」開業・オープンしました!

 

マスターコースの開催概要

【クラスについて】

◎マンツーマンクラス

日程はご都合に合わせて、プランさせていただきます。レッスン時間は1回あたり約2.5~3時間。

随時、お申込みを受け付けております

◎少人数クラス(2021年9月スタート)

曜日:水曜日クラス/土曜日クラス

時間:10時~13時

定員:各3名様

開催日程:
<水曜日クラス>
・9月8日、9月22日、10月6日、10月20日、11月3日、11月17日、12月1日

<土曜日クラス>
・9月11日、9月25日、10月9日、10月23日、11月6日、11月20日、12月4日

※次回は2022年1月スタートを予定。日程の詳細は11月頃にご案内します。

 

【受講料について(7回のご受講料)】

◎マンツーマンクラス:231,000円(税込)

◎少人数クラス:165,000円(税込)

お申込み後のキャンセルはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

お支払い方法はお振込みにて、一括または分割(2回)からお選びいただけます。

 

【振替について】

少人数クラスでご欠席の場合、1回分は個別の振替レッスンを行います。複数回ご欠席の場合は、レシピをお渡しさせていただきます。

 

【持ち物について】

マスク、エプロン、ペン、手拭きタオル、持ち帰り用の容器(タッパー等)、持ち帰り袋をお持ちください。

お飲み物なども、ご自由にお持ちください。

 

マスターコースのお申し込み

◎マンツーマン

ankolabo@gmail.comまでお問合せください

お問合せ後、ご希望の期間や日程をお伺いし、スケジュールを作成いたします。
日程ご確認後、受講料のお振込み先等のご案内をさせていただきます。

◎少人数クラス

2021年9月開始クラスは受付終了しました。
次回は2022年1月開講予定です。募集は2021年12月より開始予定となります。



コロナウイルスが収束するまでは、感染防止対策を取りながら、レッスンを開催してまいります。

レッスン中は窓を開け、常に換気を行います。

ややご不便をおかけすることもあるかと思います。出来る限り皆さまに楽しんでご参加いただけるよう、努めてまいります。

 

和菓子を深く学びたい、和菓子教室を始めたい、お店を始めたい、など、皆さまの目標達成に向けて、サポートさせていただきます。

和菓子の世界は狭き門。しかし、いつからでも和菓子を仕事にすることは可能です。ただ和菓子屋さんに勤めるだけが、和菓子の仕事に就く方法ではありません。いろいろな方法があります。

今から始めても遅すぎるということはなく、私もスタートは30代半ば。むしろスタートがその年齢で良かったと思っています。

まずは一歩を踏み出しましょう。日本の素晴らしい文化「和菓子」を、あなたも仕事にしてみませんか?

ぜひ一緒に和菓子を仕事にしていきましょう。

なお、マスターコース以外にも、和菓子の基本講座や毎月のレッスンなども開催しております。詳細は、下記ページをご覧ください。

レッスンについて