【インタビュー】栃木市「和カフェ・あん」開業・オープンしました!

栃木県栃木市で自宅を改装し、和カフェを始めた長江さんに、お話を伺いました。

なんと!カフェ開業までの期間は、思い立ってからわずか10ヶ月。今年7月にオープンしました。

飲食業のご経験はありませんが、地元で和菓子を気軽に食べられる場所を作りたいという強い思いで、短期間で開業。長江さんにはあんこラボのマスターコース(マンツーマン)をご受講いただきました。

「開業に向けての準備」「目指すカフェの姿」「自宅改装ならではのエピソード」などを伺っています。カフェ開業を目指す方には、ご参考にしていただけると幸いです。

 

和カフェを開業しようと思ったきっかけを教えてください

昔から、おしるこやぜんざいなどあんこや和菓子が大好きでした。しかし、近所に気軽に食べに行けるお店がなく、車で40分かけて食べに行くという日々。。。

それなら自分で開いてみようと思ったのが最初のきっかけです。

 

カフェの開業に向けて、どんなご準備をされたのですか?

今年2月から、あんこラボのマスターコースに通いました。またその間に、いろいろなお店を食べ歩きました。

東京では、浅草の梅園や、神楽坂の紀の善、錦糸町の北斎茶房やTORAYA CAFÉなど。また、京都にも出向き、銀閣寺近くのきみ家、ぎをん小森、あんみつのみつばち、京都祇園あのん、開花堂カフェや一保堂などに行きました。

あとは、コーヒーの淹れ方教室にも通いました。

 

店名は「和カフェ・あん」、お店はどんな雰囲気ですか?

店内はご来店いただいたお客様が、ゆったりほっこりと過ごせるような空間を心掛けて作りました。

お店のロゴも、ご来店いただいたお客様が「ゆったりまあるい気持ちで、ほっこりと幸せいっぱいな気持ちになれますように・・」との思いを込めて作っています。

 

席数は、23席です。おひとり様でも周りのお客様を気にせずにゆったりと過ごせるように、窓に向かったカウンター席や壁に向かったカウンター席を設けました。

昔ながらの家を改築したので、古民家ならではの欄間など和の雰囲気を残しつつ、洋の雰囲気も取り込みました。

また、栃木市は車社会ですので、駐車場を十分に設けています。

 

カフェのメニューを教えてください

甘味はあんみつ(メニューは、クリームあんみつ、白玉、抹茶など全部で9種類!)、おしるこ、わらび餅、アイスなど。また、夏季限定でかき氷もご用意しています。

食事メニューはうどん、あんバタートースト(カルピスバター)、チーズトースト。そしてドリンクメニューです

白玉、とても人気があります。

 

お客様にカフェではどのように過ごしていただきたいですか?

ゆっくりしていただけたら嬉しいですが、ちょっとの仕事の合間にあんみつ食べに来た~なんて方にも来ていただけたら嬉しいです。

地元の方はもちろん、老若男女どなたでも来ていただきたいです。

 

自宅を改装してカフェを作られましたが、自宅ならではの「工夫点」「困ったこと」などありましたか?

大きな看板を掲げていないので、民家の門に入っていきづらいという声がありました。

これからどうしていこうか考え中です。

また、今流行りの「ザ・カフェ」にしてしまうとご年配の方は入りづらいだろうし。また一方で「ザ・甘味処」にしてしまうと、若い世代の方ら入りづらいのかな・・など、

老若男女いろんな方に気に入ってもらえるにはどのようにしたらいいのか悩みました。

 

あんこラボのマスターコースを受講された感想をお聞かせください

昔からあんこ・和菓子が大好きでしたが、自宅の近所には気軽に食べに行けるお店がなく、自分でお店を開いてみようと思ったのがきっかけでした。

小豆やあんの作り方について学ぼうといろいろ調べでみましたが、入会金を支払うスクール型のお教室が多く、パート職員として働いていた私には無理かなと思っていた時に、出会ったのが「あんこラボ」のホームページです。

すぐに、こしあん作りのレッスンに参加し、豆についていろいろ教えていただきました。

豆の煮方、豆の変化、練り上げまでじっくり丁寧に教えていただき、そしてこしあんが、とても優しく美味しく仕上がりました。手のかけ方やちょっとした手間で、こんなにも美味しく炊き上がるのかと、とても驚きました。

教室で教えていただいたものでお店を開きたいと思い、すぐにマンツーマンのコースに申込みました。

 

マンツーマンコースでは、和菓子の基本はもちろん、開業に欠かせないメニューをたくさん学びました。

基本のメニューの他に、私が作ってみたいレシピなども盛り込んでいただき、とても奥深い7回のレッスンになりました。レッスン中も完全に理解するまで、細かく熱心にご指導していただきました。

開業に向けて不安になっている自分もいましたが、先生のレッスンを受け、先生とお話をすることで自信を持つことができました。そして、7月末についに実家を改装して、夢のお店を開店することができました。

お客様にもあんこはもちろん、白玉、寒天すべてにお褒めの言葉をいただき、うれしく思っています。

これから、マスターコースで学んだメニューもお店で提供できたらなと思っています。

あんこラボとの出会いに感謝し、たくさんの方にあんこの美味しさを知ってもらいたいです。

 

最後に

栃木市は江戸時代からの蔵造りの建物が残されていて、とても素敵な街並みです。住みたい田舎ベストランキングも1位になっています。県外からの方にも、ぜひご来店していただきたいです。

長江さん、ありがとうございました。

 

栃木市は蔵の街。観光スポットも多く、栃木市に行った際は「和カフェ・あん」に立ち寄って、ほっこりとゆっくりと時間を過ごしてくださいね

住所:栃木栃木箱森町11-12

東京からは、浅草駅か北千住駅から東武のスペーシア(特急)で約1時間で栃木駅に到着します。駅から徒歩は難しく、公共交通機関はバス。栃木駅(北口)よりバスに乗り、幸田瓦店前で下車してください。バス停からはカフェはすぐですよ。

バス時刻(1~2時間に1本です)

◎栃木駅→幸田瓦店前
11時05分発ー11時20分着
12時51分発ー13時06分着
◎幸田瓦店前→栃木駅
13時18分発ー13時35分着
15時02分発ー15時19分着


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です