【お悩みQA】あんを焦がしてしまう原因と解決法

皆さまからお寄せいただいた和菓子作りへのご質問とその回答を公開しております。

今回のQAは「あんが焦げてしまった…」です


初めてあん作りに挑戦した方から「先日、つぶあんを作ってみたけれど、焦がしてしまいました」とのこと。

あんが焦げるお悩みは、これまでも何度かいただいておりました。

最後のつぶあんの練り上げで、焦がしてしまうと悲しいですよねー。私もあんを作り始めた頃、焦がしたことがありました。

なぜあんは焦げてしまうのか?どうすれば焦げないのか?今回は、あんを焦がさずに上手に練り上げる方法もご紹介します

なぜ、あんは焦げるのか?

あんは加える砂糖の量も多く、煮詰めることで水分が減り、そもそも焦げやすい条件がそろっています。

そのため、あんを練る際は焦げないよう注意しなければなりません。

どうずれば焦げないのか?ポイントをご紹介します

あんを焦がさないようにするには?

① 火加減に注意する

強火にし過ぎないように、中火で練り上げます。

最初は水分が多いので、やや強火でも問題ありませんが、水分が減ってきたら、火加減をやや弱め焦げないように練り上げます

② しっかりと練る

あん練る時は、鍋全体からヘラでまんべんなく混ぜ、練り上げます。鍋の中心部や端は練っているようで意外にヘラが届いていないことも。そういった部分は焦げやすいです。

まんべんなく練るには、道具も大事です。おすすめは木べらではなくゴムベラを使うこと。ゴムベラはしなりがよく、均一にヘラを入れやすく、焦げる心配がありません

鍋も雪平鍋ではなく、ぼうず鍋がおすすめです。丸底のおかげで、ヘラが入りやすく、混ぜ残しがありません。あんを焦がすことなく、きれいに練り上げることができます

ご参考にしていただけますと幸いです。