【お悩みQA】抹茶をお菓子に入れると、色が褪せたり、ダマになってしまいます

皆さまからお寄せいただいた和菓子作りへのご質問とその回答を公開しております。

今回のお悩みは、抹茶。「お菓子に抹茶を入れると色褪せたり、ダマになってしまうのですが、どうすればいいのでしょうか?」というご質問です。


抹茶の使い方はやや難しいですよね。一番多い悩みはダマになりやすいこと、次が加熱による色褪せです。

抹茶はなぜダマになりやすいのか?

抹茶は静電気でダマになりやすい性質があります。そのため必ずふるってから使います

粉末のまま他の材料と混ぜると、再びダマが出来やすくなります。
ふるった抹茶を少量の湯で溶き、ペースト状にすると、ダマが出来にくくなります

抹茶はなぜ色褪せるのか?

抹茶の性質状、光に当たるまたは加熱すると色が褪せてしまいます。抹茶を購入すると、必ず銀色の遮光袋に入っています

製菓で使用する場合は、なるべく加熱せずに使い、加えるタイミングを後工程にすると、色褪せや香りの劣化も防ぐことができます

また、焼き菓子等に使用する場合は、製菓用の抹茶を使うのがおすすめ。色褪せないように加工されています。