今月の和菓子本3冊

3冊の本を、あんこラボの本棚に追加しました。

1つ目『和菓子ものがたり (著 中山圭子)』

いろいろな和菓子の歴史や由来が紹介されています。

「この和菓子、じつはこんな由来があったのね…」とか。和菓子の基本知識を増やしたい人におススメ。

結構分厚いので、なかなか読破できませんが、、、少しずつ読み進めています。

 

2つ目は『四国懐菓子(なつかし)88』

四国の郷土菓子88点が紹介されています。四国4県で長く愛されてきた和菓子の数々。

例えば、ぶどう餅をご存知ですか?徳島土産の定番。見た目は串団子。

てっきり葡萄がネーミングの由来かと思いきや、武道にかけているとか。お菓子1つ1つのストーリーが紹介され、面白いです。

いつか本で紹介されている四国銘菓を集めて、食べ比べしたいですね。

3つ目は『こつの科学』

和菓子本ではありませんが、調理科学好きにおすすめの一冊です。

調理の工程、例えば「混ぜる」「煮る」「切る」などには、それぞれおいしくするコツがあります。それを知っているのと知らないのでは、出来上がりの美味しさが異なるもの。

ただいま、この本を読みながら勉強してます。

 

ラボにお越しの際は、どうぞご自由にご覧ください。

ご参考までにAmazon他のリンクを張っておきます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です