北海道産小豆の品種をいろいろ食べてみた結果…

一昨日(2022.12.29)、年末企画「小豆の品種食べ比べ」を開催しました

ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。

 

日頃から小豆を炊くも、ほぼ同じ品種。

いろいろあるある小豆の品種。せっかくなので作り・味わい比べ、勉強してみたいと思っていました。

そこで今回の食べ比べを企画。

結果はいかに・・・


小豆の品種、

大きく分けて、普通小豆と大納言小豆の2種類があります。

2つを比べると、こんな感じ↓(左が普通小豆、右が大納言)

普通小豆と大納言各々に品種ありますが、

今回の企画は普通小豆の、しかも北海道産に限定。

7種類の小豆を用意し、つぶあんを用意しました。

低糖つぶあんと

通常の砂糖量のつぶあん①

通常の砂糖量のつぶあん②

 

今回用意した7種類の品種は、

 

①エリモショウズ

北海道産小豆のスーパースター

香りの良さと味の濃さが特徴。教室でもエリモショウズを使っています。

エリモを親にいくつもの品種が生まれ、競馬会で言えば、ディープインパクトような存在でしょうか

 

②きたのおとめ

エリモショウズを改良した品種。

あんにすると、色がやや薄紫色になるのが特徴です。

 

③きたろまん

エリモショウズから何代かの改良を経て、出来た品種。

色の美しさが特徴。ポリフェノールが他品種より豊富だそうで、だから色が美しいのでしょうかね・・・

 

④雅(みやび)

十勝産小豆の中から、その年の最も質の良い小豆をセレクトしたもの。

品種は主にエリモショウズから選ばれています

 

⑤しゅまり

エリモから、いくつか改良を経て出来た品種。

名前の由来は、小豆の粒が朱色の毬のように美しいことから。

あんにした時の色や風味の良さが特徴です

 

⑥ゆきむらさき

エリモとしゅまりから出来た品種。

しゅまりのような美しく、薄紫色のあんが出来るのが特徴です

 

⑦在来種

品種名はありませんが、地元で栽培されてきた在来の小豆です。

香り強く、あんにした時の味の濃さが特徴です

 

食べ比べの結果は

どれも美味しい・・・

 

正直、そこまで味の差を感じることはなく

小豆の風味の強弱は感じましたが、

その差もわずか。

ご参加の皆さまからも「どれも美味しいね」

とご感想をいただきました。

 

ということで、小豆はどれも美味しいという結果になりました^^

 

小豆を買う機会があったら、ちょっとだけ品種に注目してみてください。

ものによっては品種が分からないものもあります。

もし品種名が表記されていたら、こんな品種もあるのねー、と思っていただけると嬉しいです。

今ある小豆はそもそも長年の品種改良を経て、生まれてきたもの。

大切に栽培され、収穫された小豆だから、どれも味があり、美味しいのはもちろんのこと。

大事に受け継がれてきた小豆、これからも愛しく食べていきたいですね。


最後に、

2022年も無事に教室を終えられました。

教室にお越しいただきましたお客様、

ブログやレシピコラムをご覧いただいた皆様、

ありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

和菓子やあんが皆さまの人生や生活のハッピーにつながりますように。

良いお年をお迎えください。

2月レッスンのご案内は、1月2日にアップします。