「黒蜜」は手作りして常備がオススメー黒蜜のレシピ

kuromitsu5

黒蜜は、和菓子に欠かせない存在。あんみつ、葛もち、葛切など、黒蜜がなければ美味しくない!黒蜜は大事な存在。和菓子の味をより一層引き立ててくれます。

和菓子だけでなく、バニラアイスにかけても(きなこをかけるとさらに美味しい)、アイスコーヒーに入れてもOK。何かと便利に使えるのが黒蜜なのです。

黒蜜の作り方はとても簡単。砂糖に湯を入れ、沸騰させ、とろみがついたら完成です。調理時間はわずか数分。いつでも必要な時に作ることが出来ます。

日持ちしますので、冷蔵庫に常備もできますよ。わざわざ黒蜜を買わなくても大丈夫です。


黒蜜の作り方のポイントは、

ポイント1: 砂糖は、黒砂糖と白砂糖を合わせる

黒砂糖を使います。

全て黒糖を使うと、味がやや濃いので、白砂糖(上白糖またはグラニュー糖)を加えます。白砂糖が加わると、味がまろやかになります。

 

ポイント2:黒砂糖は必ず細かく砕く

黒砂糖は塊で売られているものもあります。塊では湯を加えてもなかなか溶けません。必ずトンカチなどで細かく砕いてからお使いください。

 

ポイント3:煮つめ過ぎない

鍋に砂糖と熱湯を入れ、沸騰させます。ややとろみがついたら、火を止めます。火にかけて煮つめ過ぎると、冷めてから固まってしまいます。

固まってしまった場合は、湯を加えてのばしてください。

 

ポイント4:純粋な黒糖を選ぶ

黒糖はなるべく純粋なものをお使いください。サトウキビのみで出来た沖縄の黒糖はとても美味しいです。美味しい黒蜜が出来上がります。
(私はいつも、富澤商店の八重山本黒糖を使っています)

富澤商店の八重山本黒糖 1kg

 


ぜひ下記のレシピで、黒蜜を手作りしてみませんか?

【黒蜜のレシピ】

<材料:中サイズのジャム瓶 約1個分>
◎黒砂糖:50g
◎上白糖(またはグラニュー糖):50g
◎熱湯:100cc

1. 鍋に黒砂糖と上白糖を入れて、熱湯を注ぎ入れます

2. 火にかけ、時折ゴムベラで混ぜながら、煮詰めていきます

3. 泡が細かくなり、鍋全体に広がり、蜜に軽くとろみがついたら、火を止めます。

4. 漉して、煮沸した瓶に入れます

kuromitsu1 kuromitsu2 kuromitsu3 kuromitsu4

※手作り黒蜜の日持ちは冷蔵庫で10日ほど

市販の黒蜜は量も多く、使い切る前に賞味期限を迎えてしまうことも。手作りなら必要な分だけ作ることができますね。


【黒蜜を作ったら、和菓子の手作りもいかが?】

あんみつのレシピ
https://ukishimania.net/recipe-anmitsukanten/

葛で作るレアチーズのような、嶺岡豆腐のレシピ
https://ukishimania.net/recipe-mineokadofu/

関東でおなじみ、くず餅のレシピ
https://ukishimania.net/recipe-kuzumochi/

葛で作る葛もちのレシピ
https://ukishimania.net/kuzumochi-recipe/

出来立てが最高においしい、葛切のレシピ。家でも作れます
https://ukishimania.net/kuzukiri-recipe/

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です