【渋谷で和カフェ】渋谷ヒカリエの伊右衛門サロンに行ってきましたよ。カフェ開業希望の方も参考に

2019年夏にオープンした、渋谷ヒカリエの伊右衛門サロンに行ってみましたよ。

食事もスイーツも、そしてお茶も気軽に楽しめる素敵なカフェ。渋谷駅からもすぐ近く、甘味・和菓子屋さんの少ない渋谷エリアで貴重なスポット。

カフェ開業を目指す方、メニュー作りなど参考になるものが多いので、ぜひ行ってみてくださいね。

 

伊右衛門サロンとは?

伊右衛門と言えば、CMでもおなじみ福寿園とサントリーの緑茶ブランド。

伊右衛門サロンは京都にある和カフェ。お茶スイーツや食事が人気で、もともとは京都・三条にありましたが、昨年東山にリニューアルオープン。

2019年の夏に東京初進出。渋谷ヒカリエの7階にオープンしました。


りんごとレモンの玄米茶

 

伊右衛門サロンの注目スイーツ

スイーツは「ヴィーガン」がテーマ。卵・乳製品など動物性食材不使用です。

メニューは、パフェ、かき氷、パンケーキ、あんみつなどに加え、盛り合わせプレート(スイーツ3~5種類の盛り合わせ)もあります。

ちなみにプレート用のスイーツの種類は、おはぎ(名前はこはぎ)や最中、あんみつなどを洋風にアレンジしたメニューがあり、そのほか抹茶スイーツもありました。

価格帯は600円~1500円です

 

私がいただいたスイーツは?

苺こはぎとモンブランタルトプレートをいただきました。

苺あん玄米入りおはぎに、栗のモンブランタルト、煎茶シロップ蜜豆の組合せ。3種類のスイーツがプレート皿に盛られています。

おはぎは甘い苺あんが美味しく、モンブランタルトはとてもあっさり、蜜豆はほんのり煎茶の香りがしました。

サイズもひと口大で、ランチ後に行っても余裕で完食しました。

 

伊右衛門サロンのスイーツから学んだこと

見せ方、素材、量の一つ一つどれをとっても女性の心をつかむ、とても上手い商品設計だなと思いました。

特に次のポイント

・3~5種類の味を楽しめる

・ひと口大サイズ

・和と洋の両方を味わえる

お店の主なターゲットは、40~60代女性でしょうね。

ターゲット層の嗜好は

1種類の大きいスイーツを食べるよりは、少量でいいので、美味しいものを食べたい(出来れば複数…)

というのがあります。(ワタシ自身もそうですが)

伊右衛門サロンのスイーツは、ずばりターゲット嗜好を反映。

ランチ後でもひと口大サイズなら食べられますし、

プレートはいくつか種類があるので、また他の味を食べてみたいなとリピートしそうですし、

和菓子だけだと物足りないけど、ヴィーガン洋菓子も食べられるので、好奇心をそそられます

といった感じ。

お店を始めるなら、ターゲットを考えて、メニュー作りをした方が上手くいきますね。

例えば、たくさん量を食べるお客様を想定しているなら、伊右衛門サロンのような商品ではなく、別の戦略を考えることになります。

 

店内の雰囲気は、モダンで落ち着きがあります。席もゆったりとして、ベビーカーも余裕で置けます。

ぜひ機会があったら、行ってみてください。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です