京都御所に行ったら、道喜門へ

京都に行ったついでに、京都御所で道喜門を見学してきました。

御所の建礼門の右横にあります。

建礼門に比べると小さな門ですが、ここから毎朝御所に届けていたのかと思うと、感慨深いものがありますね

道喜門とは、川端道喜さん専用の出入り口。

川端道喜さんは毎朝、道喜門から御朝物(おあさもの:おもちです)を届けていました。

道喜さんの開業が1503年。いつ頃から御所に出入りしていたかは分かりませんが、東京遷都まで続いたので、かれこれ350年は行われていたはずです。そんなに長くしかも毎日毎日続けていたとは、、、それはそれは大変なことだったでしょうね、

現在、川端道喜さんのお菓子は完全予約制。なかなか食べる機会も無いのですが、道喜門ならいつでも行かれるので、ぜひ一度訪れてみてください。

門には「道喜門」という表示ありませんので、見落とさないように。

ちなみに

現在、御所は通年公開で、紫宸殿や庭園などを見学できます。あの右近の橘、左近の桜も見られますよ。

地下鉄の丸太町または今出川駅から徒歩10分ほどです。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です