【秋の和菓子】11月の和菓子:亥の子餅

和菓子は季節行事と結びつきのあるものが多く、今日ご紹介する和菓子もその一つです。

亥の子餅(いのこもち)、ご存じですか?

毎年、旧暦の亥の月の亥の日に、無病息災や子孫繁栄を願って食べられる餅菓子です。その年に収穫されたお米で作るところも。

亥の子餅の特徴は、その形にあります。

image

コロンと丸い形。
そうイノシシの形に似せているのです。

イノシシは多産な動物なので、それにあやかっています。さらに餅の色もイノシシに合わせる徹底ぶり。生地の色を茶~小豆色にしたり、きなこをまぶすところもあります。

今年の亥の日は、11月2日。もう過ぎてしまいましたが、和菓子屋さんによっては11月いっぱいまで販売しているところもあります。

ぜひ、無病息災を願い、これから迎える寒い冬に備えて、亥の子餅を食べてみませんか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です