11月のつぶあんの会

11月のつぶあんの会を開催しました。

つぶあんの会では小豆を炊きながら、季節の和菓子も作ります。
今月の和菓子は「おまんじゅう」。

おまんじゅうが最初に日本へ伝わったのは、1300年頃と言われています。

700年経った今日でも、その姿を大きく変えていないおまんじゅう。
私たち日本人に、長く長く愛されてきた超ロングセラーのお菓子。

700年後も、おまんじゅうは同じような形で、残っているのでしょうか?
日本人に愛され続けているのでしょうか。

愛され続けてほしいものです。

本日もご参加いただきました皆様、ありがとうございました。

rikyu-manju


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です