【イベントレポ】東京・和菓子屋巡りツアー 2019.4

今年も開催しました、東京あんこ巡り。

今回は人形町~日本橋。このエリアは都内随一の和菓子屋さん密集地。和菓子屋巡りにオススメのエリアです。

ツアー参加者は全員で10名。今回も週刊あんこの編集長にご同行いただきました。

人形町交差点からスタート。人形町界隈を巡り、小伝馬町、八丁堀へと移動し、最後は日本橋へ。途中のランチはそばを味わいました。

今回は食べ歩きよりも買い物が主。歩いて歩いてのトータル5時間となりました。

東京にはまだまだ魅力的な和菓子屋さんがたくさんあります。あんこ好きな方と巡るべく、これからもツアーは定期的に開催します。ぜひご参加ください!

 

訪れたお店

玉英堂(ぎょくえいどう):虎家喜(とらやき)が銘菓/人形町
なんと創業は1576年!京都で創業後、東京に移転。甘酒横丁の由来となった甘酒屋さんの跡地にあります。

 

彦九郎(ひこくろう):同じくとらやきが銘菓/人形町
玉英堂から別れたであろうお店。甘酒がいただけます

壽堂(ことぶきどう):焼き芋の形をした黄金芋が銘菓/人形町
お店の数メートル手前から、ニッキのいい香りがします

重盛永信堂(しげもりえいしんどう):人形焼の名店/人形町
水天宮前の交差点真上のお店。つぶあん、こしあん、あん無しの人形焼があります

三原堂(みはらどう):どらやきなど/人形町
同じく水天宮前の交差点真上にあります。季節の和菓子から、どらやき、せんべい、洋菓子まであります

初音(はつね):甘味処/人形町
汁粉、ぜんざい、あんみつ、雑煮など、これぞ甘味メニュー。店内のレトロな雰囲気がいいです

 

清寿軒:どらやきの名店/小伝馬町
大判、小判2種類のどらやきが有名ですね。つぶあんずっしりのどらやき。事前予約必須

花の蕎麦:そば屋/小伝馬町
女性店主がそばを打つお店。女性らしい優しい雰囲気のお店。おそば美味しいです

翠江堂:いちご大福の名店/八丁堀
瑞々しいいちご大福が美味しいお店。八丁堀以外にも都内にいくつか店舗があります

日本橋さるや:黒文字(楊枝)専門店

三越前駅の壁画:200年前の江戸の街を描いた絵巻。江戸庶民の生活が描かれ、江戸の活気が伝わってきます

日本橋長門:くず餅が銘菓/日本橋

 


【イベントレポ】東京・和菓子屋巡りツアー 2019.4」への2件のフィードバック

  1. 週刊あんこ編集長 のコメント:

    浅草に続く第2弾、あんこラボのツアーは私にとって楽しい、貴重な時間でした。あんこ好きがこれだけ集まるのはレアな体験で、5時間があっという間に感じました。主宰企画のエンドーさん、感謝です。私は今、浅草です。歴史のある蛇骨湯が5月一杯で廃業するというので、銭湯好き仲間と待ち合わせ中です。和菓子屋もそうですが、こういう話はとても残念です。気を取り直して、もう一つの浅草を楽します!

    • ankolabomaster のコメント:

      今回もあんこツアーにご同行いただき、ありがとうございました。また企画いたします!銭湯巡りも面白そうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です