【お悩みQA】本葛粉はどうやって作られているのか?

6月は、葛の和菓子のレッスンを開催しています。

葛菓子の材料は「葛粉」。葛粉には2種類あります。

・本葛粉:葛のでんぷん100%で作られたもの

・葛粉:葛と葛以外のでんぷんで作られたもの

下記写真は、本葛粉。色は真っ白で、形はゴツゴツとした岩のよう。大きな塊があるのが本葛粉の特徴です。

先日、あるお客様からご質問いただきました。

「なぜ、葛粉は塊があるのでしょうか?片栗粉のようなパウダー状ではないのでしょうか?」と。

確かに言われてみると、パウダー状の葛粉はありません。そもそもどのように作られているか、よく知りません。

そこで、今回は葛粉が出来るまでを調べてみました。

大まかに説明すると

1. 掘り子さんが、山に自生する葛の根を収穫

2. 葛の根をきれいに洗い、粉砕

3. 葛の根からでんぷんをもみ出す

4. 脱水

5. 撹拌、沈殿、水の入れ替えで不純物を取り除く(繰り返し作業)

6. 槽に 流し込み

7. でんぷんを沈殿させ、切り出し

8. 乾燥

文字にすると、イマイチよく分かりませんが、それはもう大変手間のかかる工程を経て、出来上がっていることが分かりました。葛粉も大事に使わないと…

製造工程は、本葛粉のメーカーさんのホームページで紹介されています。リンクを張っておきますので、ぜひ見てみてください。

◎廣久葛本舗

・掘り子プライド
http://www.kyusuke.co.jp/pride/index.html
・一子相伝の本葛づくり
http://www.kyusuke.co.jp/seizou/index.html

◎天極堂(動画です)
https://www.youtube.com/watch?v=EW5YQHmj0tQ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です