【作り方のコツ】黒糖まんじゅうの作り方、6つのポイント

蒸し立てがふんわりと美味しい「黒糖まんじゅう」、和菓子を作るなら、一度は挑戦したいもの。

まんじゅうの材料は薄力粉、黒糖、湯、重曹、そしてあんの5つ。超シンプル。だからこそ、ちょっとしたことが、まんじゅうの仕上がりに影響を与えます。

作るなら、丸くふっくらと蒸したいですね。そこで今回は、押さえておきたいポイントを6つご紹介します。

ご参考にしていただけますと幸いです

黒糖まんじゅうのレシピはコチラ→
https://ukishimania.net/kokutomanju-recipe/


<黒糖まんじゅう・作り方のポイント>

ポイント1. 黒糖を湯で溶かす時は、湯を沸かさないように

黒糖と湯を鍋に入れ黒糖を溶かしますが、その際に沸かしてしまうと、生地の水分量が変わり、蒸し上がったまんじゅうが固くなってしまいます。

ごく弱火で、黒糖を溶かすようにしてください。

もし蒸発して水分量が減ってしまった場合は、あとから湯または水を加えてください。

 

ポイント2. 重曹は0.1グラム単位で計る

重曹は、まんじゅうを膨らませるための膨張剤。重曹から出る炭酸ガスで、まんじゅうを膨らませます。

重曹の量は、まんじゅうの膨らみに大きく影響します。そのため、重曹は必ずレシピの量で、計量してください。

4個のまんじゅうを作る場合の重曹は0.3g。微量計で計量してください。

最近のデジタルの計りには、0.1g単位で計測可能な微量計がついています。

 

ポイント3. 重曹を入れたら、しっかりと混ぜる

重曹は微量の水で溶いて黒糖に加えますが、重曹を加えたら、ヘラでよく混ぜてください。

混ぜが足りないと、重曹がまんべんなく行き渡らず、生地の膨らみに影響が出てしまいます。このひと手間が大切です。

 

ポイント4. 生地が出来たら、30分休ませる

まんじゅう生地が出来たら、最低30分は休ませてください。室内が暑い場合などは、冷蔵庫に入れてください。

しっかりと休ませないと、生地が柔らかく、あんを包みづらくなります。

 

ポイント5. あんを包む時は、上を厚め、下を薄めに

まんじゅう生地であんを包む(包あん)際は、生地の上部を厚めに、下部を薄めにします。

下の部分が厚くなってしまうと、10分蒸しても蒸し上がらない場合があります。

包あんは、手が慣れないと、なかなか上手く餡を包めないもの。でもご安心ください。練習すると必ず上手になります。

包む時に「上を厚め、下を薄め」と意識するだけでも、包み方はだいぶ変わってきます。

 

ポイント6. まんじゅうを蒸す時の火加減は、要調整

まんじゅうを蒸す際の火加減は、中火~強火で蒸しますが、蒸し器のサイズによっては、強火では蒸し過ぎる場合もあります。

蒸してみて、まんじゅうが固くなってしまった場合、もしくはまんじゅうの表面に亀裂が入ってしまった場合は、少し火が強いかもしれません。

次回はもう少し火を弱めて、蒸してみてください。

以上、黒糖まんじゅうの作り方のポイントでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です