【海外・郷土菓子巡り】スロベニアのスイーツを写真でご紹介

先日、ヨーロッパ中央部の国、スロベニアを訪れました。

どこへ行くにも地元のスイーツや郷土菓子は気になるもの。今回もスイーツ食べてきました。

馴染みの少ないスロベニア。いったいどんなスイーツが食べられているのか、写真と共にご紹介させていただきます。

ちなみにスロベニアはどこにあるのか?イタリアの右隣り、周りはオーストリアやハンガリー、クロアチアに囲まれています。面積は四国ほど。

 

◆クレームシュニッテ

スロベニア・ブレッドの名物。パイ生地のケーキで、中にはカスタードとホイップクリーム。見た目は甘そうですが、実際にはさほど甘くありません。サイズは大きいです。

スロベニアだけでなく、隣国クロアチアにも同じクレームシュニッテがあります。シュニッテとはオーストリアやドイツ菓子でも使われる用語で「四角く切って食べるお菓子」のこと。

 

◆ギバニッツァ

スロベニアの中でもハンガリーに近い地域のお菓子。クレームシュニッテと同じ、パイ菓子。パイ生地に、りんご、シナモン、ケシの実、そしてカッテージチーズが挟まれています。

カッテージチーズの酸味が効いて、ギバニッツァもほどよい甘さです。

 

◆アイスクリーム

スロベニアもアイスクリームやジェラートは大人気。首都・リュブリャナの街中にもアイスクリーム&ジェラートショップがいくつもあります。

フードツアーに参加した際、1軒のアイスクリーム店に立ち寄りました。注文したのは、ラズベリーとビールのアイス。ラズベリーはとてもフレッシュで、ビールは独特の苦みとほのかなアルコールを感じさせ、まるで本当にビールを飲んでいるかのような味でした。

 

◆ストルクジ

スロベニアの伝統料理。スイーツもおかず系も両方あります。クレープのような生地で具材を巻いて、ゆでたもの。スイーツなら、チョコレートやフルーツ、ナッツ類など。

ゆでているからか、これも甘さは控えめ。野菜入りのおかず系ストルクジも食べましたが、味がやや淡泊でした。


 

◆ヴィーガン系スイーツ

スロベニアもヴィーガン系スイーツありました。専門店を偶然発見。メニューの材料覧にTofuの文字を見つけ、思わず購入したチョコレートケーキ。ホイップクリームの部分に豆腐が使われているようです。

スロベニアもヴィーガンやベジタリアンの方が結構いらっしゃるとのこと。

 

その他、街中のカフェやお菓子屋さんもちらりと覗きましたが、スロベニアのスイーツは全般的にオーストリア・ドイツ系の影響が強いと思いました。

本当はもっともっとスイーツを探し歩きたかったのですが、あまりの寒さで外出をためらい、5品で終了。ちょっと心残りのスイーツ探しとなりました。

ちなみに日本にあるスロベニア料理のお店は、1軒のみ!しかも京都!!店名はピカポロンツァです。機会があったら伺ってみたいですね。

 

スロベニアについては、下記の記事でも紹介しています。とても魅力的な国

スロベニア個人旅行におすすめのスポット
https://ukishimania.net/slovenia-osusume/

日本からスロベニアへの行き方
https://ukishimania.net/gotoljubljiana/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です