【和菓子歳時記】6月16日、和菓子の日とは?

6月16日は、和菓子の日。

最近はだいぶ和菓子の日も知られるようになり、限定販売があったり、イベントも開催されるなど、業界全体で盛り上げる雰囲気があります。

和菓子の日が近づくと「和菓子の日とは何でしょうか?」と、よくご質問をいただくのですが、私も詳細を知りませんでした。

知っていることといえば、全国和菓子協会が制定した記念日で、昔のお菓子を贈る行事、嘉祥(かじょう)に由来していることくらい。

しかし、これではいけないと、今年はきちんと調べました。

嘉祥はズバリ『日本の至るところでお菓子が食べられた日』

目的は、厄除招福です。

特に最盛期は江戸時代。そもそもの始まりは平安の仁明天皇だったとか。

江戸時代には、幕府も、朝廷も、商人や庶民の間でも、江戸から地方まで至るところでお菓子を食べていたそうです。甘いものに限らず、うどんや素麺を食べる地域もあったとか。

こんなに全国規模でお菓子を贈り食べていたとは、驚きの行事ですね。

江戸幕府では、将軍から大名や旗本へ直々に20000個を超えるお菓子が渡されたとか。さらに大名から、その家来や、小姓、商人など細かく細かく菓子が分け与えられたそうです。

将軍から配られていた和菓子は次の8種類
・まんじゅう
・羊羹
・鶉焼(塩あん入りの卵型のもち菓子)
・阿古屋
・金飩
・寄水(よりみず)
・麩
・熨斗(のし)

どんなお菓子だったのか分からないものが大半ですが。

ちなみに大名や旗本が持ち帰れるお菓子は1種類。順番にもらうため、選択の自由などなく、お目当ての菓子にあたらないこともしばしばだったとか。

 

残念ながら、嘉祥は明治に廃れてしまいましたが、1年に1回お菓子を贈り、健康や幸運を願うとは何と素敵なことか。また、お菓子が主役の行事は大変珍しいですね。世界にもこのような行事があるのかしら…

今年も間もなく和菓子の日。昔の嘉祥にちなんで、大事な人にお菓子を贈ってみてはいかがでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です