春のワークショップは洋裁教室です

あんこラボ和菓子教室で使用しているリネン類、じつはファッションデザイナーで洋裁教室「アトリエタカコ」主催、さらに出張料理人という笠井 孝子(かさいたかこ)さんが作られています。

下の写真は、いつもお茶碗拭きに使っている、ストライプやチェック柄のリネン。

kasai-san

私も素敵なリネンや小物類を手作りしたい…

ということで、3月に笠井さんの洋裁教室を開催することにしました。

アトリエタカコ洋裁教室、いつもは決まったコースはありません。好きなものを好きな生地で自由に作るスタイルです。でも今回のワークショップでは、バッグを作ります。ちょっとしたお買い物に便利なミニバッグです。

小ぶりサイズのバッグは何かと便利。ご近所に、昼休みに、お財布とケイタイを入れて出かけられるといいですよね。重宝しますし。

image

でも、お気に入りのものって、なかなか見つからないんですよね。。。布、柄、形、大きさなど、何となくイマイチ…「もう少し持ち手が長ければ」とか「もう少し明るい色があれば」など 。

「だったら自分で縫って作るといいよ!」と教えてくれたのが、笠井さんでした。

自分が心地よいと思う、ずっと大切に使いたいものは、「手作り」が一番だそうです。ハンドメイドなら、自分の好みを取り入れて、好きな生地を選び、自分で縫う…だから、愛情いっぱい、愛着いっぱいなものが出来上がります。

洋服も同じ。自分の好きな布で、自分の体に合わせて手作りすると、着心地がよくて、ずーっと大切に着続けるそうです。

「でも、いきなりバッグを縫うのも…」という方も、どうぞご安心ください。笠井さんが丁寧に、しかもデザイナーならではの視点で色、素材、形、洋服とのコーデなどアドバイスをくれますよ!

私は、ミニバッグに「ファスナーを付けたい」と相談したところ、ちょっとオシャレに見せるため、笠井さんからのアドバイスで巾着のように、紐で結ぶ形にする予定です。

洋裁はこのように、一人一人の希望に合わせて、形、素材、色をアレンジし、この世にたった一つのオリジナルを自分の手で生み出せる、ところが面白いですね。同じものを作るのではなく、それぞれ好きなものを作る、それがまさにアトリエタカコのコンセプトです。

当日、ご希望の方にはアトリエタカコ洋裁教室のこともご説明しますので、スカートやワンピースを縫ってみたい、リメイクしたい方なども、どうぞご参加ください。

【開催概要】

日時:2017年3月18日(土)10:00~13:00

内容:ソーイングワークショップ~バッグを作る~
※バッグの形は、各自の好みを反映させて、作ります
※生地や糸は、お好みのものがあれば、どうぞご持参ください。
笠井さんセレクトの生地を使うことも可能です!(別途材料費がかかります)。

場所:東京・代々木上原
※お申込みいただいた方に別途ご案内します。
(ちなみにあんこラボ和菓子教室と同じ場所です)

お申込み:ankolabo@gmail.com 

費用:5,000円
(笠井さんセレクトの生地ご使用の場合は、別途材料費がかかります)

定員:4名

お申し込みいただいた後、事前に生地や形のご希望をお伺いします。

アトリエタカコ洋裁教室は皆さまの「手作りを楽しむ」を応援します!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です