5月の特集企画は「寒天」です

端午の節句も終わりました。今年は柏餅、食べましたか?

気候もそろそろ初夏へと移り、冷たいものが食べたくなる季節になりました。

そこで今月は、ひんやりが美味しい「寒天」を特集します。

ご自宅で寒天スイーツを作ってみませんか?

 

寒天の魅力、それは変幻自在と無限大のアレンジ

寒天の和菓子と言えば、あんみつや水ようかん、錦玉羹などがあります。みなさん、どんな寒天和菓子がお好きですか?

寒天の和菓子の魅力は、固さ・柔らかさを変えることで、全く別の表情を持つスイーツになること

寒天の好みの固さは、人によって異なります。コリコリとした固めが好きな方から、ゆるめが好きな方まで、十人十色。

その好みに合わせて、変幻自在に作り分け出来るのが、寒天のいいところ。

そして寒天に味を加え、甘さをプラスし、トッピングも変えることで、アレンジは無限大に広がります。

 

寒天を使ったオススメ和菓子のレシピ

1. しっかり歯ごたえ「煎茶あんみつ」

こりこりとした歯ごたえの煎茶寒天を作ります。

煎茶の茶葉を使い、ややほろ苦い寒天は黒蜜との相性抜群です。


https://ukishimania.net/recipe-senchaanmitsu/

2. つるんと滑らか「牛乳寒天」

昔ながらの定番おやつ。牛乳寒天はつるりとやや柔らかめの食感にしています。

牛乳とみかんの素朴な組み合わせは、なぜこんなにも美味しいのでしょうか…


https://ukishimania.net/recipe-milkkanten/

3. ゆるやわな「寒天ゼリー・抹茶シロップ添え」

ゆるめの柔らかい寒天ゼリーです。

京都・大極殿さんの琥珀流しが食べたくて…今は京都に行かれないので、思い出しながら作りました。抹茶シロップをかけます


https://ukishimania.net/recipe-yurukantenjelly/

【補足】分量と材料について

◎分量について

分量は玉子豆腐器(小)1個分で計算しています。この量は作りやすく、ちょうど食べ切りサイズが出来上がります。

玉子豆腐器(小)は本当に便利なので、1個持っておきましょう。詳細は、下記のリンク先にてご紹介しています。

和菓子作りを始めるなら持っておきたい道具②:流し缶(玉子豆腐器)
https://ukishimania.net/wagashi-kata/

 

◎材料について

寒天は糸寒天もしくは棒寒天をお使いください。粉寒天はオススメしません。その理由とおすすめの寒天の詳細は、下記リンク先をご覧ください。

糸寒天、棒寒天、粉寒天の違いはこちらもご参考に
https://ukishimania.net/kanten-difference/

 

【補足】固さ・ゆるさの目安レシピ

寒天の固さ・柔らかさを決めるのは、寒天に対する水の分量です。水が少めなら固めになり、水が多めならゆるめになります。

今回は作る分量を玉子豆腐器(小)1個分を基準にしました。

そのため、水の量を固定して、寒天の量を多くまたは少なくすることで、固さ・ゆるさを変えています。

また、寒天は糸寒天または棒寒天の量です。もし粉寒天を使う場合は、7割で計算してください。

◎コリコリとした固め食感にしたい場合は

・水:330g 寒天:4g

 

◎標準的なつるっと柔らかめにしたい場合は

・水:330g 寒天:3g

 

◎ゆるく柔らかくしたい場合は

・水:330g 寒天:2g

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です