【レシピUP】つやぶくさのレシピをUPしました

生地はどらやきのようですが、フワフワとした見た目が特徴的な「つやぶくさ」。作り方をご紹介しています。

名前の由来は、茶道の袱紗。袱紗で包んだように見えるところから名付けられたそう。

きれいな焼き面を内側に、気泡の出たフワフワ面を外側に出すと、袱紗で包んだように見えるのですね。

材料はどら焼きと同じです。卵、薄力粉、砂糖、水、重曹があればOK。ただし生地の作り方はどらやきとやや異なります。

作り方のポイントはしっかりと混ぜること。生地に粘りを出すことで、もっちりとした食感になります(どらやきのような食感がお好みなら、どら焼きと同じ作り方でも出来ます)

つやぶくさの中に包むあんは、つぶあんがオススメです。冷凍庫につぶあんが残っていたら、ぜひご活用ください。

つやぶくさのレシピ
https://ukishimania.net/recipe-tsuyabukusa/

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です