【お悩みQA】時間が経っても、柔らかい団子を作るには?

お寄せいただいた、和菓子作りのお悩みと回答を公開しております。

皆さまの和菓子作りのご参考になると幸いです。


今回のお悩みは、団子の作り方。まもなく十五夜のお月見ですね。

 

Q. 月見団子を作ると、翌日には固くなってしまいます。

柔らかくするために豆腐を使うレシピもありますが、柔らかい団子を作る方法はあるのでしょうか?

 

A. 月見団子なら、材料は上新粉を使われていると思いますので、上新粉の団子を柔らかく作る方法をお伝えします。

砂糖を少量(粉の10%程度)入れてみてください砂糖には保湿効果があり、団子の柔らかさを保ってくれます。

団子が固くなるのは、でんぷんの老化(β化)が原因。時間の経過と共にどうしても固くなってしまいます。

しかし、砂糖が入ると、プラス1日ほど柔らかさを保つことができます。

豆腐を入れるレシピもありますが、せっかくなら米の美味しさを味わいたいところ。豆腐ではなく、砂糖を加えてみてください。

なお、上新粉の団子は、ゆでるよりも蒸す方が断然美味しいですよ。

 

上新粉の団子の作り方は、下記のみたらし団子のレシピをご参考に

「もっちり美味しい!「みたらし団子」の作り方」
https://ukishimania.net/recipe-mitarashidango/

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です