そばがきに魅せられて…

最近は、時間があると「そばがき」を作っています。

 

そばがきとは、そば粉に水を加えて練ったもの。そばのお餅のようなものです。これが、なんとも言えないふわふわでもちもち食感。おいしい~

つい最近まで「そばがき」を誤解していました。そばに水を加えるのだから、そばの味が強く、ねっとり食感かと。じつは私、十割そばが苦手(一番好きなのは更科そば。のどこしのよい、すっきりあっさりのそばが好きなのです)。だから、そばがきを敬遠して食べませんでした。

しかし、ある日ふと思い立ち、そば粉を買ってそばがき作りに挑戦。

ひと口食べると・・・想像の味や食感と全くの別物。食感はふわふわでもちもち(ちょうどはんぺんと餅を足したような感じ)、そしてそばの味がいい具合にマイルドです。

そばがきとは何と美味しいものか。。。

以来、すっかりハマりました。食べ方は、こしあんやつぶあんと合わせてそばがきぜんざい(汁粉)、醤油につけて刺身風に、おつゆにいれて、などなど。

 

ぜひこの美味しさをお伝えしたくて、12月のこしあんレッスンに加えました。レッスンでは、鍋で練る「鍋がき」で作ります。おいしく作るポイントは「たくさん練ること」^^

そばがきの美味しさをぜひ味わってみてください。ほんと美味しいから。

おそば屋さんでも食べられます。

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です