何とも不思議な長崎のお菓子のご紹介

長崎には興味深いお菓子が数多くあります。

先日、日本橋の長崎アンテナショップで見つけました。

「一口香」

いっこうこうと読みます。

見た目はお饅頭なのですが、割ってびっくり、中は空洞。こんなにも空洞なお菓子は初めてです。

あんぱんで上が空洞になったものを見かけますが、ここまで空洞になるとは、製法が不思議で仕方ありません。

ちなみに食感は固く、おせんべいに近いような、でも水あめのねっとり感もあり、何とも不思議なお菓子。今までに経験したことのない食感です。

ぜひ、機会があったら食べてみてください。

ちなみに、長崎だけでなく、佐賀や愛知・常滑にも一口香(佐賀は逸口香)があります。様相はやや異なりますが、丸くて、空洞があるのは共通。長崎と佐賀は隣県なので共通性は分かりますが、飛んで常滑にも同じようなお菓子があるのは面白いですね。

一口香のご紹介でした。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です