春の和菓子を京都で見つけました

春になると、和菓子屋さんの店頭に並ぶ、色とりどりの和菓子。

桜餅やうぐいす餅、パステルカラーの生菓子、、、じつに華やか。

 

華やかなお菓子もいいのですが、

どちらかと言えばひっそりと佇む姿の和菓子が好きです。

 

先日訪れた京都。

素敵な春の和菓子を見つけました。

塩芳軒の本わらび餅

(本わらび粉の餅と、中は黒糖あん)

そして、

松寿軒の薯蕷まんじゅうと黄身時雨

(黄身時雨の周りは、さらし餡です)

さあ、春を味わいに、和菓子屋さんへレッツゴー。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です