【レシピUP】うぐいす餅のレシピをアップしました

春の和菓子のトップバッターは、うぐいす餅。2月頃から和菓子屋さんの店頭に並びます。

求肥生地にあんを包み、うぐいすきなこをまぶしたもの。柔らかくて滑らかな食感。そしてうぐいすきなこの香りと合わさって、何とも言えない美味しさになります。

ご自宅で、手作りに挑戦してみませんか。

下記でうぐいす餅のレシピを動画と共にご紹介しています。

うぐいす餅の作り方
https://ukishimania.net/uguisumochi-recipe/

動画はコチラ

 

ところで、うぐいす餅を作る際に、一番難しいのがあんの包み方です。

そもそも求肥の生地が柔らかく、手にくっつくし、片栗粉を付けすぎると生地がシワシワになるし…となかなかうまく包めません。3~4回練習すると、包み方のコツを掴めるはず。

とは言え、コツをつかむためにも、ぜひ下記の3点を覚えておいていただけるといいかと思います。

1. 練った求肥をトレイの上にのせたら、2つ折りにする

2つ折りにすることで、求肥に余分な片栗粉が入りません。

 

2. あんを包む前に、求肥をなるべく丸い形にしておくこと

あんを生地にのせる前に、生地の形を丸くしておくと、比較的きれいに包むことが出来ます。

 

3. 無理に包あんをしない

包餡とは、左手にもちをのせ、時計回りに回しながらあんを包んでいきますが、もちで包あんを行うのはかなり難しいです。

そこで、無理に包あんを行わず、時計回りに回したりせず、単に生地を上に持ち上げてあんを包む方がやりやすいと思います。(動画をご確認ください)

ぜひお試しください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です