長野・善光寺で和菓子巡り

先日、長野駅周辺の和菓子屋さんを一人巡ってきました。

長野と言えば善光寺の門前町

「牛に引かれて善光寺参り」と、昔から多くの人が訪れています。

多くの人が行き交う門前町には、美味しい和菓子がつきもの。善光寺の周辺にも美味しい和菓子屋さんがいくつもありました。

今回はおすすめの和菓子屋さんを4軒ご紹介します

 

1. 善光寺七名物の一つ、酒饅頭の「つるや」さん

1779年創業。善光寺の山門へ向かう参道の途中にあります。

お店の前には大きなせいろとおくどさん。

酒饅頭を2つ注文。奥から温かい酒饅頭を持って来て下さいました。

お店を出て、善光寺を参拝。本堂裏のベンチで、さっそく酒饅頭をいただきました。

まず、その大きさにビックリ。ほぼあんまんと変わらないサイズ。

ひと口食べると、生地はふんわり、そしてほのかな甘み。麹で発酵させた生地の美味しさに感動いたしました。今年下半期に食べた和菓子の中でも1番かも。

美味しかったです。

 

2. 餅菓子やおやきの「誠心堂」さん

長野駅から徒歩8分ほど。善光寺に向かう途中の小路にあります。

店内には温かい湯気がたちこめます。外が寒いので、湯気がとても嬉しい・・・

店内のショーケースには、おやきを始め、大福や団子、しそ道明寺などの餅菓子が並びます。どれも美味しそうなものばかり。

今回はおやきを2種類(キャベツ、ナス)購入。出来立てでしょうか、ほのかに温かさがありました。

おやきは、自宅に戻ってからいただきました。生地は膨張剤無しのもっちりタイプ。

キャベツおやきは、キャベツと人参を味噌で味付けしたもの。野菜の甘さに、味噌の味付けが合わさって、とても美味しいおやきです。

ナスは輪切りの丸なすに甘味噌付き。こちらも美味。

「おやきって本当はこんなに美味しいのね」と感動。保存料や添加物の無い、まさに朝生菓子のおやきでした。

 

3. おやきの「南屋製菓」さん

善光寺の山門から徒歩10分ほどの所にあります。ふっくら饅頭タイプのおやきのお店です。

店内のショーケースには、いくつものおやきが並んでいました。定番の野沢菜やキャベツ、つぶあん、かぼちゃの他に、切り干し大根や卯の花、スイートポテトなど。

南屋さんでは、卯の花とつぶあんおやきを購入。自宅でいただきました。

おやきの生地はほんのり甘く、ふっくらまんじゅうタイプ。

卯の花が驚きの美味しさ。味付けが美味しく、中華まんに近い感じがありました。

つぶあんは、小豆の粒がしっかりと残り、そして少々の塩味。

どちらのおやきも美味しくいただきました。

 

4. もち菓子の「一心堂餅店」さん

善光寺の山門から徒歩5分ほどの所にあります。

店内のショーケースには団子や大福、豆餅など。

団子はうるち米を製粉して作られているそうです。

せっかくなのでその団子(くるみとしょうゆ)を購入し、善光寺の本堂裏でさっそくいただきました。

団子の形は真ん丸ではなく、やや円筒形。

団子の歯ごたえはしっかり。噛むたびに米の美味しさが感じられます。

くるみだれは、ほんのり甘く、くるみの粒々感がほどよく残っていました。

長野に来たら、くるみだれ団子はぜひ食べておきたいですね。

 

以上、善光寺周辺の和菓子屋さんのご紹介でした。

冬の寒さ厳しい、長野。春、暖かくなってから巡るのもおすすめです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です