10月の和菓子は栗きんとん(栗茶巾絞り)。一番のおすすめは手作りです。Kurikinton-cheunut paste

chesunut110月になりました。10月と言えば、十三夜。十五夜に次ぐ、名月と言われ、またの名を「栗名月」と言います。(2016年は10月13日です)
そう、10月の和菓子と言えば、栗!栗!栗!まさに、栗のお菓子の季節。
和菓子好きの皆さま、「栗菓子」と言えば何がお好きですか? 栗きんとん?栗蒸しようかん?それとも栗まんじゅう?いや、モンブラン?

この時期にぜひおすすめしたいのが「栗きんとん」です。栗本来の風味が一番に味わえる和菓子。なぜなら栗と砂糖だけで出来ているからです。(お正月に食べる、栗の甘露煮とサツマイモで作る栗きんとんではなく、ゆでた栗を裏漉しして砂糖と混ぜ合わせて作ります)

recipe-kurikinton13

岐阜の中津川が発祥の地と言われ、中津川には数々の栗きんとんの名店があります。松月堂さん、すやさん、川上屋さんなどなど。秋になると東京のデパ地下にも栗きんとんを買い求める行列が出来ています。

数々の和菓子屋さんで売られている栗きんとんですが、じつは手作りが一番のおすすめです。栗の風味はあっという間に抜けてしまうので、作りたてをいただくのが一番おいしいのです。作りたてをいただくには、やはり、手作りが一番!

ということで、栗きんとん(栗茶巾)のレシピをアップしました。ぜひ、栗きんとんをお家で作ってみませんか?

栗きんとんのレシピ(和菓子のレシピサイトへ移動します)
ukishimania-link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です