白小豆が届きました

shiroazuki

豆屋さんから、白小豆(しろあずき)が届きました。白あんの会で使います。

白あんに使う豆、一般的には手亡(てぼ)といういんげん豆を使います。しかし、この白小豆で作る白あんは、上品ですっきりとしたあんが出来上がります。

私が初めて白小豆と出会ったのは、和菓子屋で働いていた頃。あまりの美味しさに衝撃を受け、あまりの美味しさに感動したのを覚えています。それ以来、「白小豆、白小豆」と追い求めてきました。

しかし、白小豆の知名度はいまひとつ。スーパーなどで売られることもなく、和菓子屋さんでも白小豆の白あんを見かけることは本当に時々です。

でも、もっと多くの方に、白小豆のことを知っていただきたい。そこであんこラボの白あんの会では、白小豆を使い、餡を作ります。

白小豆は小豆の一種。色は乳白色。赤い小豆に比べて皮が薄く、煮やすいのが特徴です。お値段はやや高め。中でも岡山の備中白小豆なんて、ビックリなお値段です。もちろん、手亡の白あんもおいしいですよ。手亡あんも大好きです。しかし、白小豆おいしさはやっぱり格別です。

1月の白あんの会はすでに満席となりましたが、3月以降にも開催いたします。「白小豆のこと知りたい」「食べてみたい」「興味がある」方は、ぜひお越しください。

白あんの会
白あんに使われる豆を取り揃えました
左上から時計まわりに白小豆、手亡、福白金時、大福豆です


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です