ドイツ・ミュンヘンでつぶあん・こしあんを炊く

ミュンヘンでつぶあんと白あんを炊いてみます。

日時は6月2日(土)の午後1時頃から、場所はミュンヘン中央駅から電車で数分のところです。

・ヨーロッパの水でも、おいしく炊くことができるのか?

・現地の小豆でも、あんこはおいしく炊き上がるのか?

ということを検証しながら、炊いてみようと思います。

「海外でも、自分であんを炊けるようになりたい」

「久しぶりにあんこを食べたい!」

という方、ぜひ一緒に炊いてみませんか。

参加費無料なので、お気軽にどうぞ。ankolabo@gmail.comまでご連絡ください。

ゆる~く、あんこ炊いてます。


 

餡作りは最初から最後まで、全工程を行います

日本から持参した小豆とドイツで購入する予定の小豆で、つぶあんとこしあんを作ります。

豆の浸水から、煮熟、そして砂糖を加えて練り上げるところまで、3時間で全工程を行いますよ!

全工程を体験すれば、翌日からはご自身でおいしいあんこが炊けるようになります。

        つぶあんの会 

つぶあんとこしあんの両方を1回で学べます

ワークショップでは、つぶあんとこしあんの両方を作ります。つぶあんとこしあんの両方が出来れば、小豆以外の豆を使った餡作りも出来るようになりますよ。

もちろん、こしあんの作り方をマスターすると、練り切りあんも自作できるようになります。

海外なので、参加費は無料。あんこを食べたい方もぜひどうぞ。

つぶあん、こしあんが出来上がったら、最後に皆さんで試食。そして残りはどうぞお持ち帰りください。

海外にいるからこそ、食べたくなる「あんこ」。しかし、海外では容易にあんこを入手できません。自分で作るしかない。

あんこラボにも海外から一時帰国の方が、あんこを炊きにいらっしゃいます。みなさま「現地ではネットで調べて自己流で炊いてます」と。

もちろんネットでも十分な情報は得られますが、なかなか細かいコツは伝わりません。ぜひこの機会に、あんこ炊きを体験してみませんか?

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です