味噌あんと花びら餅の会(2016年12月)

味噌あんと言えば、5月節句の柏餅の餡として知られていますが、柏餅以外にはなかなか食べる機会がありませんね。しかし柏餅以外にも、団子やもち、どら焼き、麩まんじゅうなどの和菓子と合わせてもとっても美味しくいただけます。これからの季節は柚子と合わせるとさらに美味しくなります。

ぜひ、この機会に味噌あんのおいしさを味わってみませんか?

◆味噌あんと花びら餅の会◆

日時:
12月15日(水)11~13時 定員:4名(残3名)
12月18日(日)14~16時 定員:4名(残3名)
費用:4,000円

s-img_2270レッスンでは白小豆で炊いた白こしあんに、白味噌(西京味噌)を合わせて味噌あんに仕立てます。

※白こしあんは予め炊いたものを使いますので、味噌あんレッスンでは白あん作りは行いません。

そして仕立てた味噌あんを使って、お正月の和菓子「花びら餅」を作ります。

花びら餅は、求肥餅で味噌あんとごぼうの蜜煮、赤い餅を包んだもの。歴史は古く、平安時代の宮中お正月行事「歯固め儀式」に由来し、長寿を願って食べられてきました。

そんな歴史ある和菓子、花びら餅。お正月前後に和菓子屋さんから一斉に販売されますが、じつは手作りでとても美味しいものが作れるのです。

レッスンでは、実際に練って求肥餅を作っていただき、ごぼうの蜜煮の作り方もお伝えします。お一人様4個お持ち帰りいただく予定です。

また、ご試食には、お正月料理の白味噌のお雑煮と煮あずきをお出します。

 

参加ご希望の方は、お申込みページをご覧ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です